先日、お葬式に出てきました。

お葬式に参列する人
毎回思うのですが、人のお葬式に出ることで、自分の死についても考えます。

私も、40歳を過ぎて、子供もできて、より自分の死について考えるようになってきました。

死ぬ時のことを考えて、色々なものを整理しておかないといけない。

妻にも、自分が死んだら、誰に連絡するとか、どこに何があるとかを伝えておかないといけないとも思います。

これから50歳、60歳と高齢になるにつれて、もっともっと身近に真剣に考えるようになっていくものだと思います。

年齢が上がっていくにつれて、突然死んでしまう可能性も上がっていくので、残された人のために、不必要なものはできるだけ整理して、残された人にとって必要とされるものは、きちんとわかりやすくしておいてあげないといけません。

お葬式に出るというのは、そういうことを考える良い機会だと思います。

自分にはまだわかりませんが、80歳を過ぎて、お葬式に出る時って、どんな感じなのかなと思います。

落ち着いているのか、不安に感じているのか、怖いと思っているのか。

おじいちゃん

今はわかりませんが、きっとその時に感じることがあると思います。

人はいつかは死にます。

どうせなら、残された人に迷惑をかけないようにしたいものです。