本当に合う人と結婚する難しさ

仲の良い夫婦

今、離婚率も年々増加傾向にあるといいます。

僕は、これは仕方ないことかなって思うんです。

だって、一生を共にすることができるくらい自分に合う人を探す期間があまりにも短すぎるからです。

小学生や、中学生くらいの恋愛って、ごっこみたいなもので、将来のことを考えてのお付き合いとはいえないと思います。

将来につながる恋愛ができるようになるのは、18歳くらいからではないでしょうか?

楽しく恋愛する若者

そして、恋愛というのは、最初はお互いに気を遣っているし、ラブラブな状態なので、相手の本当の性格というのはわかりづらいところがあります。

そうなると、本当に相手のことを見極めることができるようになるためには、3年から5年くらいはかかるのではないかと思います。

今の結婚適齢期って何歳くらいまでなんでしょうか?

だいたい、25歳から30歳くらいまでとして考えると、18歳から本格的な恋愛を始めたとして、2、3人としか付き合うことはできないし、その中に自分とぴったりの相手がいないといけないわけです。

3人と付き合ったけど、よくよく付き合っていくと、どの人も合わなかったとなると、さらに他の人と付き合い始めて、また数年見ないといけないんです。

しかも、次から次に他の人とお付き合いできるかというとそうではありません。

フリーの時期というのも当然あるはずです。

そう考えると、ほとんどの人が多少妥協して結婚するか、合うか合わないか、まだわからないけど、できちゃったから結婚するといった状態になっていると思います。

時間が短すぎますよね。

お互いにほとんど不満のない夫婦になることの方が奇跡のように思えます。

いつの時代も浮気だ不倫だって話はたくさんありますが、これも必然かなって思います。

時間が短くて、この人でいいかと思って結婚したけど、その後に自分に本当の意味で合う人と出会うことだって十分ありえますよね。

だからといって、離婚や不倫が良いことだとは思いませんが、そういうのが多いのも仕方のないことだと思うということです。

だから、お互いがお互いを必要とし、一生円満な夫婦生活を送れる人は、宝くじに当たったような奇跡を手に入れたということで、神様に感謝すべきですよね。

仲の良い老夫婦